かなりありますね。数え切れないほど。

ネガティブすぎますね。

再度、2003年の裏BUBKAのインタビューからです。

インタビュアーの「自殺未遂は?」という問いに、鳥居さんは次のように答えていました。

「かなりありますね。数え切れないほど。消えちゃった傷もあるし。残っている傷は最近のですし。無になりたい。魂と鳥居みゆきが一致してない感じなんですよ。富士の樹海、ちょっと行ってみたい気もするんですよ。」

今回はちょっとヘビーな発言で申し訳ありませんが、まあ、昔の発言です。本人にしてみれば、若気の至りという感じではないでしょうか?私も昔はそうでした。学生の頃は25才で死ぬと言っていました。その後は、三島由紀夫と同じ年で死ぬと言ってみたりもしました。が、結局は、まだノホホンと生きています。神様はなかなか死なせてはくれないというのが実感です。でも、美人薄命ともいいますから、鳥居さんもそろそろお迎えが来るかも知れませんよ。これは、ちょっと調子に乗りすぎました。どうも失礼しました。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年5月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ