ハードルに真っ直ぐ向かうからいけない。

単独ライブでのハードルの高さのこと

今回は、単独ライブ「再生」が出た直後の、2010年発行、クイック・ジャパンVol93からです。

インタビューが「前回の単独を超えたい意識でハードルは上がりましたか」という問いに鳥居さんは次のように発言しています。

「ハードルに真っ直ぐ向かうからいけない!ビルの高いところから跳べば、そのハードルは跳べるの。それに高かったらくぐればいい。あ、マリー・アントワネットみたい!」

ここでもまた鳥居さん独特の処世術が出てきます。鳥居さんにとって、ハードルなんてないも同然なのですね。さすが鳥居さんです。うまいこと言ったあとのドヤ顔が目に浮かびます。次のネタ、単独も期待させていただきます。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年5月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ