声出して笑う笑いって、好きじゃないんです。

人間が嫌いなのに

もう一つ、裏BUBKAから引用します。

インタビュアーの「笑わない客もいるだろうに、やりつづける精神力はたいしたものですよ。」という発言を受けて、鳥居さんは次のように発言しています。

「声出して笑う笑いって、好きじゃないんです。そこで笑ってくれなくていい。わたしのは声出して笑うものじゃないし。10人に1人がなんかひっかかってくれればいい。あいつ不思議だったなって。」

このインタビューは、はるか昔、堕天使の頃のですから、今は違う気持ちかも知れません。でも単独ライブ等を見るに付け、万人受けするネタじゃないよなあ、とは今も思います。その辺は、昔と変わってないのでしょうか?ユニークな個性を持つ鳥居さんの事は、きっともっと後世で評価されるでしょう。表舞台から姿を消して数年後くらいに。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年5月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ