しゃべったあとは鬱になります。

笑いってなんだよって悩むんです。

昔の鳥居さんのインタビュアーから。出典は裏BUBKA 2003年5月号からです。

インタビュアーの「人前で演じるんのは乗り越え作業なのかな。」と問われて、鳥居さんは次のように発言しています。

「しゃべったあとは鬱になります。元気のあとは鬱になるんです。やっていけるのもお薬のおかげですね。不安なときに飲むんです。効かないけど、いっぱい飲むと効く。」

ハイタッチ等で鳥居さんを見ていると、やはり双極性障害(躁鬱)かなと思われる点がありました。天才にはありがちですが、今はどうなんでしょうね?結婚もして旦那さんもいるし、少しは安定したでしょうか?逆に余計ストレスがかかって悪化している可能性もありますが。

病院の医師の処方通りにお薬を飲むのはいいんですが、オーバードーズは危険ですよ。薬物依存になり、不安定な状態になってしまいます。不安なときは、定められた薬を飲むのはよしとして、後はミネラル・ウオーターとかをガブガブ飲んでごまかすのがいいと思いますよ。

関連記事:

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年5月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ