100年後には地球ないもん。

なんにも残ってないです。

今回はWEBの書店「motteco」というサイトに掲載されている、2010年3月のインタビューからです。URLは、 http://motteco.com/book/entertainment/entertainment/entertainment_041/book.html です。

インタビュアーの「こうやって作品が形になるっていいですよね。」という発言に続き、鳥居さんは、次のように発言しています。

「なので、いつ死んでもいいです。いつ死ぬかわかんないから、いつ死んでもいいように出してるだけです。結局100年後には何も残ってないんですけどね。100年後には地球ないもん。なんにも残ってないです。」

この発言が鳥居さんの本当のとこだと思います。なにか虚無的なネタはこの考えから来てるんですね。100年後の事なんて、もう死んでるんだしどうでもいいんですけどね。それでも鳥居さんはすごく100年後に拘っています。なにかトラウマでもあるのでしょうか?謎です。

関連記事:

タグ

2011年5月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

いつも儲けてる。親指が卑猥なんだもん。

親指が卑猥とは?

今回はWEBの書店「motteco」というサイトに掲載されている、2010年3月のインタビューからです。URLは、 http://motteco.com/book/entertainment/entertainment/entertainment_041/book.html です。

DVDや本を出していて「儲かっていいですね」というインタビュアーの質問に鳥居さんは次のように発言しています。

「いつも儲けてる。親指が卑猥なんだもん。「親指が卑猥」って言うキャッチコピーがついちゃってるほどなんだもん。だって、マネージャーが仕事のオファーが来たときに電話で、「裸でそんなの関係ねぇってやってるほうですか?それとも親指が卑猥なほうですか?」って言うもん。どっちですかって。」

このマネージャーって毛林さんの事ですかね?最近の事情に疎いんで、今のマネージャーが誰か分かりません。しかし、「親指が卑猥」って、初めて聞きましたねえ。どんな意味でしょう?意味なんて関係ないのでしょうかね。そんなこと、感じたこともないですけど。まあ、どっか卑猥なほうが芸人としては有利なんでしょうが。

関連記事:

タグ

2011年5月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

このページの先頭へ