テレビはニュースくらいしか見てないですね。

5チャンネルしか映らなかったんです。

 

出典は「careerzine」のサイトからです。URLは、 http://careerzine.jp/article/detail/757 です。

「Article copyright © 2008 Okawauchi Mari(http://naked-heart.jp/), Shoeisha Co., Ltd」

インタビュアーの「好きなテレビ番組は?」という問いに対して、鳥居さんは次のように発言しています。

「テレビはニュースくらいしか見てないですね。うち、父親がテレビのリモコンの5チャンネルを彫刻刀で削ろうとして、なんかイラッとしたみたいで(埋まってしまって)。それで5チャンネルしか映らなかったんです。私、秋田生まれの埼玉育ちなんですけど、ほか群馬とか。その5チャンネルが埼玉テレビだか群馬テレビだかで、それを8チャンみたいな感覚で見てたんです。刷り込まれましたね。」

鳥居さんは、父親の影響が強そうですね。鳥居さんの家族の事は気になります。お姉さんがテレビに出たのを見たくらいです。親御さんは、何をしている方なんでしょう?少しは情報があっても良さそうなのに、何も噂にもならないのが、逆に怖いです。

関連記事:

タグ

2011年6月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

自分に対してSでMなんですね。

やりたくない仕事をしている自分を楽しむ

出典は「careerzine」のサイトからです。URLは、 http://careerzine.jp/article/detail/757 です。

「Article copyright © 2008 Okawauchi Mari(http://naked-heart.jp/), Shoeisha Co., Ltd」

インタビュアーの「映画にも出演されてますよね」という問いに鳥居さんは次のように発言しています。

「そりゃあ、やりたくない仕事もありますよ。でも、私はやりたくない仕事ほど楽しもうとしているんです。たとえば、嫌な人、苦手な人をわざと誘って、ごはんに行ったりするんです。自分に対してSでMなんですね。そういう状況をおもしろく感じてくるんです。こんなことやってる自分ってどうよ、みたいな。」

鳥居さんがSかMか私も謎でした。特に自分で自分を追い込むような時の楽しそうな表情は謎でした。このインタビューを読んで、ようやく納得できました。両方なんですね。でも、それって普通の人っぽいですね。なんだか安心しました。

関連記事:

タグ

2011年5月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

娯楽はいらないんで、家にテレビはありません。

テレビを見るのも嫌いなんですね。

出典は「careerzine」のサイトからです。URLは http://careerzine.jp/article/detail/758

「Article copyright © 2008 Okawauchi Mari(http://naked-heart.jp/), Shoeisha Co., Ltd」

テレビを見るのが嫌いじゃ流行りから取り残されてしまいますよ、鳥居さん。でも、私も同じくテレビは滅多にみないですけどね。

インタビュアーの「鳥居さんの発想の源はなんですか? 情報はどこから?」という質問に鳥居さんは次のように答えています。

「娯楽はいらないんで、家にテレビはありません。テレビって、消していても画面に自分が映るじゃないですか。あれが嫌で。鏡もそうだけれど、自分が確認できるものが嫌なんです。だから、自分が出た番組も見てないです。ニュースは新幹線の細長いティッカーで見てます。」

こっそり、新幹線によく乗るぞ、営業は多いぞ、と自慢が見えますね。鏡が嫌いというのは女性にしては珍しいのではないでしょうか?そういう所は好き嫌いはっきりしてるんですね。でも、自分の出た番組は見ないという芸人さんは多いですね。やっぱり照れがあるのでしょうか?自意識過剰ってやつでしょうか?鳥居さんの娯楽は一人遊びが似合ってると思います。

関連記事:

タグ

2011年4月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

漫才なのに形にとらわれていないところですね。

のいるこいるさんの魅力

出典は「careerzine」のサイトからです。URLは、 http://careerzine.jp/article/detail/757

「Article copyright © 2008 Okawauchi Mari(http://naked-heart.jp/), Shoeisha Co., Ltd」

鳥居さんがのいるこいるさんの漫才を見てこの世界に入ったのは有名ですが、このインタビューでは、もう少し突っ込んで語っています。

インタビュアーの「のいるこいるさんのどんなところに魅力を感じましたか?」という質問に鳥居さんは次のように答えています。

「漫才なのに形にとらわれていないところですね。やりたいことをやって、いまいったって伝わらないだろうって言葉もオチ言葉にしていたりして。でも、いまだにどっちがのいるさんでどっちがこいるさんだかわかんない(笑)」

のいるこいるさんはあまり見たことないのですが、なんかマイペースな漫才だなあと感じました。マイペースな所は鳥居さんと似てますね。マイペースというかアナーキーなのでしょうか。いつか、のいるこいるさんと共演する事があるといいですね。

関連記事:

タグ

2011年4月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

むかしは「死にたい、死にたい」考えていましたけど、子どものころからずっと。

死もよく描かれていますよね。

今回は前回のインタビューの後半からの発言で、2009/9/14のものです。

URLは、http://careerzine.jp/article/detail/758 です。

「Article copyright © 2008 Okawauchi Mari(http://naked-heart.jp/), Shoeisha Co., Ltd」

短編小説集『夜にはずっと深い夜を』が発売された直後です。

インタビュアーの「死もよく描かれていますよね。」という問いかけに鳥居さんは以下のように答えています。

「むかしは「死にたい、死にたい」考えていましたけど、子どものころからずっと。小学生のときに、クリシュナムルティっていう思想家の本ばかり読んでいて、一回悟った気になってしまって。それから嫌だなーと思ったら死にたい死にたいって、死のことばかり考えていたんですけど、結構そういう人っているなーと思って。」

鳥居さんにとって「死」というテーマは大きなもので、鳥居さんのギャグやライブや著作からは、大なり小なり「死」の影を感じてしまいます。でも、そういう人はなかなか死なないようです。戸川純姉妹がいい例ですが、あれほど「死」に拘った姉の方は死なずに、「死」の影もなかった妹さんの方が先に逝ってしまいました。

小学生からクリシュナムルティってのは早すぎますよ。私は大学生の頃知って読みました。ちょっと難しい神秘思想家ですね。確かにクリシュナムルティの影響力は強くて読者の多くがかなりの影響を受けています。

この「死」というテーマは、ありがちで、途中で方向転換する人も多いですが、鳥居さんには、もう少しこのテーマを追い続けて貰いたいと思います。

関連記事:

タグ

2011年4月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

このページの先頭へ