耳障りな感じだった。

「あらびき団」のマドンナ

今回は、2008年発売の「CONTINUE」Vol.40、あらびき団特集からです。

鳥居さんは、「あらびき団」に出ている自分について、次のように語っています。

「普通に学生コントとかコンビニの店員コントとかやってたつもりなのに、耳障りな感じだった。漢字が多くてよく聞き取れないし。」

漢字が多くてって、テレビなんだから漢字もひらがなもないですよ。鳥居さん、自分に対しても厳しいですね。だから自分の出演している番組とかは見ないんでしょうけど。家でテレビを見ないってのも本当かなあ?

関連記事:

タグ

2011年6月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

誰も鳥居みゆきは見なくていい

あらびきじゃないネタできます。

今回も昨日に引き続き、ゲーム雑誌CONTINUE 2008年 Vol.40 からです。その回では、あらびき団の特集をしています。その特集の中で「あらびきスター」の一人として、鳥居さんもインタビューされています。

「あらびき団」の事を聞かれて、鳥居さんは、インタビューの最後で次のように発言しています。

「でも人に何か言われるのはおっかないんで、誰も鳥居みゆきは見なくていい!今後はもう私は出なくていいです。でも私、あらびきじゃないネタできます。フッフー♪」

今の鳥居さんはもはやあらびきとは言えない立場ですので、もうあらびき団には出れないでしょう。それは仕方ないのですが、定期的にネタみせできるような番組には出て貰いたいと思います。と、言っても、最近テレビから離れていますので、どんなお笑い番組があるのかも知らないんですけどね。

関連記事:

タグ

2011年5月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

『あらびき団』はマンガ喫茶で一回見ました。

立ってるだけでも面白く見せてくれるんです。

今回の出典は、ゲーム雑誌CONTINUE 2008年 Vol.40 からです。『あらびき団』って、まだ続いていたんですね。もう、とっくに終わっていたと思っていました。この雑誌で、『あらびき団』について、鳥居さんは次のように発言しています。

「『あらびき団』はマンガ喫茶で一回見ました。電磁波を入れるとダメなのでテレビは見ないんですけど、たまたまチャンネルがカチ合ってしまって見てたら、生き写し、ドッペルゲンガーがいた。もっとシュッとしたスマートな芸風が売りだったのにそうは見えなかった!ヘドロみたいだった。」

 鳥居さんは、本当に自分が出演したテレビは見ていないんですね。しかも自己評価低いし。客観的に自分を見てしまうんでしょうね。それは恥ずかしく思うのも当然でしょうね。ヘドロみたいって、鳥居さんがよく使う言葉ですが、今一意味不明です。まあ悪い意味で使っているんでしょうが。しかし、もう『あらびき団』には出れないんでしょうかね。もう一度『あらびき団』での鳥居さんを見てみたいです。

関連記事:

タグ

2011年5月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

このページの先頭へ