「真っ当に生きたい」って言ってる人って、「真っ当に生きてると思われたくない」人です。

それは今が真っ当なんじゃないですか?

今回はWEBサイゾーで2010年4月に掲載されたインタビュアーからです。元アイドルの小明さんがインタビュアーです。URLは http://www.cyzo.com/2010/04/post_4230.html です。

小明さんの「この先、こんなんでちゃんと真っ当に生きていけるのかな、とか不安で。」という発言に答えて、鳥居さんは次のように発言しています。

「それは今が真っ当なんじゃないですか? 「真っ当に生きたい」って言ってる人って、「真っ当に生きてると思われたくない」人です。」

また鳥居さんの名言が出ましたね。洞察力が半端ないです。人が苦手と言ってるのは、そこまで人の心理を汲み取ってるからなんでしょうね。さすが、と思いました。

関連記事:

タグ

2011年5月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

私の手のひらの上で転がされているのをわかってない。

裏切ってます。ざまーです。

今回は、2010年12月発売のクイック・ジャパンからです。「再生」発売直後のインタビューです。

インタビュアーの「ところで今回、どうして結婚式をテーマにしたんですか?」という質問に、鳥居さんは次のように答えています。

「お客さんが、前回は葬式の舞台だから今度は結婚式だろうなって予想していると予想して、結婚式にしました。ほら、やっぱり!とか思われても、本当は私の手のひらの上で転がされているのを分かっていない!裏切ってます。ざまーです。」

なにやら言い訳がましい答えになってしまいましたね。「ざまーです。」って言いたかっただけではないかと思ってしまいます。でも、葬式、結婚式と来て、次は何が来るかが楽しみですね。また、期待を裏切ってください。

関連記事:

タグ

2011年5月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

ハードルに真っ直ぐ向かうからいけない。

単独ライブでのハードルの高さのこと

今回は、単独ライブ「再生」が出た直後の、2010年発行、クイック・ジャパンVol93からです。

インタビューが「前回の単独を超えたい意識でハードルは上がりましたか」という問いに鳥居さんは次のように発言しています。

「ハードルに真っ直ぐ向かうからいけない!ビルの高いところから跳べば、そのハードルは跳べるの。それに高かったらくぐればいい。あ、マリー・アントワネットみたい!」

ここでもまた鳥居さん独特の処世術が出てきます。鳥居さんにとって、ハードルなんてないも同然なのですね。さすが鳥居さんです。うまいこと言ったあとのドヤ顔が目に浮かびます。次のネタ、単独も期待させていただきます。

関連記事:

タグ

2011年5月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

いつも儲けてる。親指が卑猥なんだもん。

親指が卑猥とは?

今回はWEBの書店「motteco」というサイトに掲載されている、2010年3月のインタビューからです。URLは、 http://motteco.com/book/entertainment/entertainment/entertainment_041/book.html です。

DVDや本を出していて「儲かっていいですね」というインタビュアーの質問に鳥居さんは次のように発言しています。

「いつも儲けてる。親指が卑猥なんだもん。「親指が卑猥」って言うキャッチコピーがついちゃってるほどなんだもん。だって、マネージャーが仕事のオファーが来たときに電話で、「裸でそんなの関係ねぇってやってるほうですか?それとも親指が卑猥なほうですか?」って言うもん。どっちですかって。」

このマネージャーって毛林さんの事ですかね?最近の事情に疎いんで、今のマネージャーが誰か分かりません。しかし、「親指が卑猥」って、初めて聞きましたねえ。どんな意味でしょう?意味なんて関係ないのでしょうかね。そんなこと、感じたこともないですけど。まあ、どっか卑猥なほうが芸人としては有利なんでしょうが。

関連記事:

タグ

2011年5月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

オンタイムで流れるのがイヤでした。

 

対談 鳥居みゆき x 藤井宏和

今回の出典は、2010年4月のクイック・ジャパンVol.89からです。丁度「社交辞令でハイタッチ」のDVDが出た後です。

インタビュアーの「初の冠番組任されて、どう感じましたか」という質問に鳥居さんは次のように発言しています。

「オンタイムで流れるのがイヤでした。そもそもネットが嫌いだし。ネットって暴れ馬じゃん。」

鳥居さんのネット嫌いは本物ですね。きっとライブが一番良くて、次がテレビかな?テレビなら編集もあるし。ネットはオンタイムで晒しちゃいますからね。視聴者のレスポンスも速いし。

でも、ネットから鳥居さんがブレークしたのも事実ですよ。まだ規制の少ないネットだからこそ鳥居さんにも日が当たったのです。そこのところ忘れてはいけませんよ。鳥居さんがネットをうまく利用できるようになれば、もっともっと売れるようになりますよ。

関連記事:

タグ

2011年5月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

このページの先頭へ