百年後はみんな生きてないから

百年後!?

今回も出典は、Webのサイゾーウーマン2009年9月のインタビューからです。URLは、 http://www.cyzowoman.com/2009/09/post_900.html です。

インタビュアーの「友人や知人から、恋愛や仕事のことで悩み相談をされたりすることはないんですか?」という質問に鳥居さんは次のように発言しています。

「そういうとき、私すぐ「百年後はみんな生きてないから」って言っちゃう。それで芸人をやめてった人が何人もいます。「百年後のことを鳥居に言われて、考えてみたら、もう何もやんなくていいやってなったよ」って廃人になるんです。」

それはその通りですが、それを言ったら後が続かなくなっちゃいますよねえ。それで鳥居さんに相談してもしょうがないやと思われて友達ができないのではないでしょうか?でも、この発言も、一段上の視点からの発言で、鳥居さんらしいと思い、取り上げさせてもらいました。

関連記事:

タグ

2011年5月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

私、過去が嫌いなんです。

“生きること”がテーマなんです。

今回の出典はWebのサイゾーウーマン2009年9月のインタビューからです。URLは、 http://www.cyzowoman.com/2009/09/post_900.html です。

インタビュアーの「鳥居さんは自分が書いたものはあとで練り直したりします?」という質問に次のように発言しています。

「私、過去が嫌いなんです。自分が出てるテレビとか雑誌とか、絶対見ません。だから「字が間違っているよ」とか言われたら、こうやって(指の隙間から)見て直すんです。過去は恥しかないから。」

孤高のピン芸人ぶりが表れている発言ですね。そしたら、この語録集も嫌いなんでしょうね。もともとネット嫌いだから、鳥居さんの目には触れないと思いますが。でも、過去を懐かしがるのは、老いの印ですから、鳥居さんもまだまだ若いということですよ。

関連記事:

タグ

2011年5月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

私いつも、まぶしいのが苦手で、昼間が苦手だから、昼間も全部夜だったらいいなと思うんです。

ケータイ小説だったのですか。

このインタビューは「夜にはずっと深い夜を」が出た後の、Webのサイゾーウーマンに掲載されたものです。

URLは、 http://www.cyzowoman.com/2009/09/post_900.html

インタビュアーの「ちなみに『夜にはずっと深い夜を』という本のタイトルはご自分でつけたそうですが、どういう意味なんですか?」という問いに鳥居さんは次のように答えています。

「私いつも、まぶしいのが苦手で、昼間が苦手だから、昼間も全部夜だったらいいなと思うんです。でも、もし本当にそうなったら、夜の時間帯にはもっと暗くなってほしいという欲が出てくると思いませんか? それが人間の欲深さなんです。でも、それは人間らしくていいと思います。」

鳥居さんには何故か夜が良く似合います。まるでセリーヌか裸のラリーズみたい。と、言ったr誉めすぎでしょうか?でも、これだけのボリュームの本をケータイだけで書くって凄いですね。私には、凄い手間のように感じます。さっさとノートパソコンでも買えばいいのにと思ってしまいます。

 人間の欲深さも鳥居さんのテーマの一つですね。鳥居さんにはテレビやDVDでは出せないようなアナーキーなネタをライブで連発してもらいたいです。

関連記事:

タグ

2011年4月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

このページの先頭へ