一番いい時期にね、辞めてやろうかなと。

壮大で破滅的な匂いが、、、

今回は、2008年4月発売のクイック・ジャパンVOL77からです。

『ハッピーマンデー』発売記念インタビューの中で、鳥居さんは次のように語っています。

「そうなんですよ。一番いい時期にね、辞めてやろうかなと。一番これはもうテレビでハマるなみたいな、一番本当にいい時期にブチこわしてやりたいんです。」

これは、鳥居さんの破滅感がよく表れている発言ですね。鳥居さんは、本当にそうしそうで怖いです。まだ、その時期ではないのか、既にその時期を過ぎてしまったのか、よく分かりませんが、辞め時は、本気で考えていそうですね。立つ鳥、後を濁して、辞めていってもらいたいものです。辞めどきは芸人にとって、いい見せ場ですからね。期待していますよ。

関連記事:

タグ

2011年5月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

従順な顔してました。

『臨死!!江古田ちゃん』、再開!

今回は、2011年4月発売のクイック・ジャパンからです。『江古田ちゃん』についてのインタビューです。

インタビュアーの、現場では監督に従順でしたか?と聞かれて、鳥居さんは次のように答えています。

「従順な顔してました。監督がアドリブ入れていいというシーンもあるんですよ。そこは「やったー!」って調子に乗ってやるんですけど、これからという時に「もうOKです」って切られちゃうんです!あと30分後にヤマが来るのに・・・と思いながら。まあこれがドラマだなと。」

鳥居さん、やっぱり物足りないところがあるんでしょうね。そこは大人ですから分かっているようですが。でも、どこがアドリブかって、見てる人にはなかなか分かりませんよね。多分、オチもないでしょうし。見てる方は、女優として鳥居みゆきを見てると思います。って、実はまだこのドラマ、見た事ないんですけどね。次回からは必ず見ます。

関連記事:

タグ

2011年5月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

言語野を刺激するネタを作りたいんです。

DVD「ハッピーマンデー」発売記念

出典は、クイック・ジャパンVol77(2008年4月12日発売)のおカルトお毒見六十分インタビューからです。

鳥居さんは次のように発言しています。

「私、今回作ったDVDのなかでも、「大騒動」って言ってる言葉があるんですけど、そこは「だいそうどう」じゃないといけないじゃないですか、でもそこはあえて響きで「おおそうどう」にした。私ね、響きにこだわるんです。だからね、あのね、言語野を刺激するネタを作りたいなと思ってたんですよ。」

言語野とは難しい言葉をご存知で。でも私がこんなブログを続けてるのも言語野を刺激されてるからでしょうね。鳥居さんの作戦にまんまとはまっています。響きにこだわるって、ネタでは一言一言が考えつくされて出てきているのですね。しかし結構アドリブもお上手ですよね。大喜利とかも好きみたいだし。これからは、もっと注意深く鳥居さんの発言に接しなければと思いました。

関連記事:

タグ

2011年5月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

舞台にトラックは置きたかった!

こだわりが多そうですね。

今回は、2010年12月発売のクイック・ジャパンVol.93での鳥居みゆきインタビューからの発言です。単独ライブDVD「再生」の発売直後で、インタビュアーの「これだけはやろう、って考えてたことあります?」という問いに、鳥居さんは次のように発言しています。

「舞台にトラックは置きたかった!今、静岡に実物大ガンダムがあるんでしょ?私、ああいう「ここにこんなものが!?」みたいなのが好きなんですよ。あと黒い雨を降らせたり、ネズミの大群を放ちたかったけど、それは無理だって言われた。」

確かに舞台の真ん中にトラックがありましたね。話の設定上、無理はないように見えましたよ。でも、鳥居さん、アイデア・ウーマンですね。実現不可能な事が次々と頭に浮かんでくるんでしょうね。次回の単独ライブでは、どんな舞台になるかを考えると、こちらもウキウキしてしまいますよ。

関連記事:

タグ

2011年5月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

私の手のひらの上で転がされているのをわかってない。

裏切ってます。ざまーです。

今回は、2010年12月発売のクイック・ジャパンからです。「再生」発売直後のインタビューです。

インタビュアーの「ところで今回、どうして結婚式をテーマにしたんですか?」という質問に、鳥居さんは次のように答えています。

「お客さんが、前回は葬式の舞台だから今度は結婚式だろうなって予想していると予想して、結婚式にしました。ほら、やっぱり!とか思われても、本当は私の手のひらの上で転がされているのを分かっていない!裏切ってます。ざまーです。」

なにやら言い訳がましい答えになってしまいましたね。「ざまーです。」って言いたかっただけではないかと思ってしまいます。でも、葬式、結婚式と来て、次は何が来るかが楽しみですね。また、期待を裏切ってください。

関連記事:

タグ

2011年5月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

このページの先頭へ