最新情報

2011年7月23日WEB
猛禽は鼻につくなぁ。
2011年7月21日WEB
全然誰もエロい感情を持ってくれなかったです。
2011年7月17日WEB
外は居心地が悪いから、ラクな格好をして“プラマイゼロ”にしたくて。
2011年6月24日WEB
旦那に子供が欲しいといったら、家に帰ってこなくなりました
2011年6月18日雑誌
もともと人と喋るのが苦手なんで

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

ニッポンは日米安保を破棄せよ!

放送禁止ネタ

今回は、珍しくちょっと過激な発言を取り上げてみます。2008年の芸能Smash!という雑誌に乗っていたネタですが、ファンならみんな知っていることかとは思います。

鳥居さんは、テレビで発言できないネタを一杯持っています。これは、その中の有名な発言です。

「ニッポンは日米安保を破棄せよ!」「重信房子の赤ずきんちゃん」

突然、脈略もなく、こういう発言をしたがる傾向にあるようです。他意はないんでしょう。まあ、日頃のストレス発散の一助にはなっているのでしょう。私は、鳥居さんのこういう発言こそ好きなんですけどね。

関連記事:

タグ

2011年6月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

セリフはほぼアドリブになっちゃいましたね~

サマータイム?

今回は、クイック・ジャパンVol93、2010年12月号からです。単独ライブDVD「再生」発売直後のインタビューです。

「稽古量の多さを感じたんですけど」というインタビュアーの問いに、鳥居さんは、次のように答えています。

「セリフはほぼアドリブになっちゃいましたね~。舞台全体が二時間だから、ちょうど二時間の命。よかったですね、サマータイムで!サマータイム~♪まあ練習は一日二十五時間かな。」

サマータイムが、どう関係してるのか全くわかりませんが、相変わらずの、鳥居節です。いいかげんな答え方ですね。アドリブってのは、嘘でしょうけど、でも、もしかしたら半分位はアドリブだったのかもしれません。そうだったら、すごい才能だと思いますが。

関連記事:

タグ

2011年6月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

みんなと組んでスタンドプレー

潜在異色

今回は、2010年の雑誌SPLASH!!からの、サンドウィッチマンの伊達みきおを交えたインタビューの最後のセリフからです。

テレビの第二シリーズも期待してます、というインタビュアーのセリフを受けて、鳥居さんの最後の一言。

「私もみんなと組んでスタンドプレーでがんばりたいなと思います!」

最後までギャグで通すなんて鳥居さんらしいですね。伊達さんとは、昔から仲いいみたいだから調子に乗っていたのでしょう。それにしても、ひねくれた締め方ですね。鳥居さんらしくて私は好きです。

関連記事:

タグ

2011年6月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

人は一人じゃ生きていけないから

携帯コンテンツの収録を行ったあと

今回は、2008年6月にオリコン・スタイルで行われてWebに掲載されたインタビューです。URLは、 http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/55200/full/ です。

「単独ライブを行うそうですが?」という問いに、鳥居さんは次のように答えています。

「単独ライブは一人でやります。ゲストは呼ぶかもしれません。でも私ものすごく早く動くんで(残像が残って)一人に見えないかも。人は一人じゃ生きていけないからね~。」 

鳥居さんも、人の子ですからね。人間嫌いだけど、その辺は理解しているようです。しかし、携帯コンテンツ、幾つか出てるんですよね。私はキャリアが違うんで視聴できません。残念です。どこかで見れないものでしょうかねえ。

関連記事:

タグ

2011年5月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

相手が芸人じゃないだけ楽ですね。

女優魂はあるのか?ないのか?

今回は、クイック・ジャパンVol95、2011年4月号からです。「臨死!!江古田ちゃん」主演直後のインタビューです。

「バラエティーとは勝手が違ったんですね。」という問いに、鳥居さんは、次のように答えています。

「でも相手が芸人じゃないだけ楽ですね。私、普段楽屋で喋らないほうなんですけど、俳優陣相手だと一番喋る人になるんですよ。上のレベルの一番下か、下のレベルの一番上か。今回はそこだったんです。」

そうか。やっぱり、芸人仲間の楽屋だと、鳥居さんは、喋らないのか。楽屋だと素が出ちゃうんですかね。ステージに上がるとスイッチが入るというか。照れもあるんでしょうね。素の鳥居さんを知っている人たちかどうかで違ってくるんだと思いますよ。俳優陣には、素の鳥居さんを知られてないから喋れるんじゃあないしょうか。でも、これからは女優業も増えると思いますから俳優陣にも素の鳥居さんを理解してもらえるといいですね。

関連記事:

タグ

2011年5月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

このページの先頭へ