テレビはニュースくらいしか見てないですね。

5チャンネルしか映らなかったんです。

 

出典は「careerzine」のサイトからです。URLは、 http://careerzine.jp/article/detail/757 です。

「Article copyright © 2008 Okawauchi Mari(http://naked-heart.jp/), Shoeisha Co., Ltd」

インタビュアーの「好きなテレビ番組は?」という問いに対して、鳥居さんは次のように発言しています。

「テレビはニュースくらいしか見てないですね。うち、父親がテレビのリモコンの5チャンネルを彫刻刀で削ろうとして、なんかイラッとしたみたいで(埋まってしまって)。それで5チャンネルしか映らなかったんです。私、秋田生まれの埼玉育ちなんですけど、ほか群馬とか。その5チャンネルが埼玉テレビだか群馬テレビだかで、それを8チャンみたいな感覚で見てたんです。刷り込まれましたね。」

鳥居さんは、父親の影響が強そうですね。鳥居さんの家族の事は気になります。お姉さんがテレビに出たのを見たくらいです。親御さんは、何をしている方なんでしょう?少しは情報があっても良さそうなのに、何も噂にもならないのが、逆に怖いです。

関連記事:

タグ

2011年6月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

人は一人じゃ生きていけないから

携帯コンテンツの収録を行ったあと

今回は、2008年6月にオリコン・スタイルで行われてWebに掲載されたインタビューです。URLは、 http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/55200/full/ です。

「単独ライブを行うそうですが?」という問いに、鳥居さんは次のように答えています。

「単独ライブは一人でやります。ゲストは呼ぶかもしれません。でも私ものすごく早く動くんで(残像が残って)一人に見えないかも。人は一人じゃ生きていけないからね~。」 

鳥居さんも、人の子ですからね。人間嫌いだけど、その辺は理解しているようです。しかし、携帯コンテンツ、幾つか出てるんですよね。私はキャリアが違うんで視聴できません。残念です。どこかで見れないものでしょうかねえ。

関連記事:

タグ

2011年5月31日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

100年後には地球ないもん。

なんにも残ってないです。

今回はWEBの書店「motteco」というサイトに掲載されている、2010年3月のインタビューからです。URLは、 http://motteco.com/book/entertainment/entertainment/entertainment_041/book.html です。

インタビュアーの「こうやって作品が形になるっていいですよね。」という発言に続き、鳥居さんは、次のように発言しています。

「なので、いつ死んでもいいです。いつ死ぬかわかんないから、いつ死んでもいいように出してるだけです。結局100年後には何も残ってないんですけどね。100年後には地球ないもん。なんにも残ってないです。」

この発言が鳥居さんの本当のとこだと思います。なにか虚無的なネタはこの考えから来てるんですね。100年後の事なんて、もう死んでるんだしどうでもいいんですけどね。それでも鳥居さんはすごく100年後に拘っています。なにかトラウマでもあるのでしょうか?謎です。

関連記事:

タグ

2011年5月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

素直な人だと思います

江古田ちゃん、再開を記念して

今回は、asahi.comの中のコミック・ブレイクというコラムからです。2011年2月23日掲載です。URLは http://book.asahi.com/comicbreak/TKY201102190227.html です。

インタビュアーの「主人公の江古田ちゃんをどう思いますか?」という質問に、鳥居さんは次のように答えています。

「素直な人だと思います。北海道の人だから、あまり口を開けずに喋るんだと思います。家でいろいろ考え事をするところと、ひとり遊びをするところはわたしに似てるなと。でも……。」

でも・・・の後は「全裸じゃないよ。半裸だよ。」と続きます。DVDボックスの発売の予定も出たし、今度こそは、テレビでリアルタイムに見たいと思います。でも、深夜なんだよなあ・・・。

関連記事:

タグ

2011年5月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

自分に対してSでMなんですね。

やりたくない仕事をしている自分を楽しむ

出典は「careerzine」のサイトからです。URLは、 http://careerzine.jp/article/detail/757 です。

「Article copyright © 2008 Okawauchi Mari(http://naked-heart.jp/), Shoeisha Co., Ltd」

インタビュアーの「映画にも出演されてますよね」という問いに鳥居さんは次のように発言しています。

「そりゃあ、やりたくない仕事もありますよ。でも、私はやりたくない仕事ほど楽しもうとしているんです。たとえば、嫌な人、苦手な人をわざと誘って、ごはんに行ったりするんです。自分に対してSでMなんですね。そういう状況をおもしろく感じてくるんです。こんなことやってる自分ってどうよ、みたいな。」

鳥居さんがSかMか私も謎でした。特に自分で自分を追い込むような時の楽しそうな表情は謎でした。このインタビューを読んで、ようやく納得できました。両方なんですね。でも、それって普通の人っぽいですね。なんだか安心しました。

関連記事:

タグ

2011年5月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:WEB

このページの先頭へ