背徳感。私それを追い続けているんです。

「ハッピーマンデー」発売記念

出典は、クイック・ジャパンVol77(2008年4月12日発売)のおカルトお毒見六十分インタビューからです。売れ出して、初のDVDが出た直後です。

鳥居さんは次のように発言しています。

「背徳感。私それを追い続けているんです。例えば、ガムをそのまま飲み込むとか。ガムはね、噛まれて捨てられる運命だと思ってるんですよ。でも、それを噛まずに飲み込んでやるんです。もはやあいつ食べ物です。もう袋ごと食べてやるんですよ。へへっ。プライドをズタズタにしてやるんですよ。ガムのプライドやエゴをね。それがエコにつながるってもんです、うん」

背徳感。鳥居さんの好きそうな言葉ですね。鳥居さんのコントからよく感じられる感覚です。多分、鳥居さんのファンは、みんな、それが好きなんじやないかなと思います。それを狙ってやっているのではないところがいいです。天然ですからね。

でも、最近は、あまり鳥居さんのコントを見ていません。最近は、女優だったり、作家だったりで活躍しています。やはりテレビでは本来のお笑いがやり辛いのでしょうか?芸人としては、また地下に戻ってしまったのでしょうか?ライブにいくしかないのでしょうか?芸人、鳥居みゆきの一ファンとしては複雑な心境です。

関連記事:

タグ

2011年4月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

手首が戸川純だって言われますね

戸川純の手首はきれいです。

鳥居さん、ちょっと勘違いしてるかもしれませんが、戸川純は「手首」じゃなくって「首」の方ですよ、傷が残ってるのは。

出典は「裏BUBKA 2003年5月号」です。鳥居さんの「戸川純さんみたくなりたいです」という発言を受けて、インタビュアーが「あ、似てますよ。雰囲気とか。」と言った後に、鳥居さんは次のように発言しました。

「手首が戸川純だって言われますね」

まあ、意味はその通りらしく、手首には試し切りの痕がかなりあるようです。鳥居さんは、 基本ネガティブですからね。でも、そういうことをしている人はなかなか死ねないのは歴史が証明していますから、私はその点は心配してませんけど。今は旦那さんもいらっしゃいますし、もうそんな事もしてないでしょう。しかしその旦那さんとの関係がまた謎なんですけどね。謎は多いほど人気は続きますから、まあそれも結構な事です。

関連記事:

タグ

2011年4月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

初詣行きました?私、三回くらい行ってやろうかと思って!

対談 鳥居みゆき x 藤井宏和(飛石連休)

今回も、2010年4月発売の「クイック・ジャパンVol.89」に掲載された、初の冠番組「鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ」の終了後の番組の相方、飛石連休の藤井宏和さんとの対談からの発言です。

藤井さんとのテンポの良い掛け合いの中で、以下のような事を発言しています。

「初詣行きました?私、三回くらい行ってやろうかと思って!今年はまだ行ってないけど。」

鳥居さんの、こういうわかりやすい言葉遊びが好きです。おもわずニヤッとしてしまいます。藤井さんとのコンビは最初違和感ありましたが、さすがは藤井さんで鳥居さんのあしらいがうまいです。そういえば飛石連休もみた事ありますけど、かなり面白いです。特に相方の石見くんの人間離れした容貌とボケに、藤井さんがうまくツッコミを入れてます。

鳥居さん、最近は、女優業、文筆業に忙しそうですけど、くれぐれも本業のお笑いの冴えを失わないで下さいね。

関連記事:

タグ

2011年4月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

終わってないよ。今でも収録していた東京ミッドタウンに行ってるよ、しょっちゅう。

対談 鳥居みゆき x 藤井宏和(飛石連休)

今回は、2010年4月発売の「クイック・ジャパンVol.89」に掲載された、初の冠番組「鳥居みゆきの社交辞令でハイタッチ」の終了後の番組の相方、飛石連休の藤井宏和さんとの対談からの発言です。

インタビュアーの「初の冠番組が昨年終わったわけですが、どんな気持ちですか。」という質問に以下のように答えています。

「終わってないよ。今でも収録していた東京ミッドタウンに行ってるよ、しょっちゅう。でも途中までしか入れないから、それで終わっていることがわかった。というかそもそも番組なんて存在しなかった。」

なんともシュールな受け答えですね。しかし、あの番組(インターネットのGyaoジョッキーですけど)が終わって早2年になりますか。早いものですね。というか、それ以来、冠番組持たせてもらってない、鳥居さんって。。。あの頃は月一の番組を楽しみに欠かさず見ていたのに。でも、あの番組を編集したDVDをちゃっかり2枚も出していましたね。便乗商法だと思いつつ両方買ってしまいましたが。

実は、ニコニコ動画で、Gyaoジョッキーが再開されるという情報もちらほら耳に入ってきます。プロデューサーのズラサンのTwitterでの発言が噂の元らしいですが、本当に再開される事を願って止みません。

関連記事:

タグ

2011年4月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

そうなんです!志しかない。

2年ぶりの単独ライブを終えて

今回は、比較的最近、2010年12月発売のクイック・ジャパンVol.93での鳥居みゆきインタビューからの発言です。

インタビュアーの「2年ぶりの単独ライブはお金も手間もかかっていて、志の高さを相当感じました。」を受けて鳥居さんは、次のように発言しています。

「そうなんです!志しかない。私、志から生まれたようなもんなんで」

鳥居さんのドヤ顔が浮かんできそうですね。単独ライブ、満足のいく仕上がりだったようで結構な事です。私も最近、そのDVD「再生」を購入して観ましたが、結婚式をモチーフとしたコントで、まあ、鳥居さんの得意の範疇だなとは思いましたが、楽しませてもらいました。

前の単独ライブが告別式をテーマにしてましたから、「再生」というタイトルも納得がいきます。でも、その前作が評判良かったから、かなり今回ハードル高かったでしょうね。そのハードルを難なく乗り越えられる所が、また、鳥居さんらしくて凄いです。次はまた2年後くらいでしょうか。新ネタを盛りこんで、また楽しませてくれる事を期待しています。

そういえば、先週あった、ラブ森永との「月経ライブ」って女性限定だったんじゃないんですかね。私はそうだと思ってチケット取らなかったんですけど、なにか男性のレビュー記事も見ました。男でも入れたなら残念な事をしましたね。鳥居さんのライブはチケットの取りづらさでも有名で、実は私もまだ取れた事がないんです。次回こそは生の鳥居さんを見てみたいものです。

関連記事:

タグ

2011年4月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑誌

このページの先頭へ